便利なネット商品

インターネットを介して利用する商品の価格設定について

かつてインターネットに接続する商品は、コンピューター関連機器が中心でしたが、最近では、インターネット接続とは無縁だった商品に対して、インターネットを介した利用を可能とする機能が搭載されるようになって来ました。 コンピューター関連機器以外をインターネット接続させる「IoT」という技術に対応した商品の代表格は、テレビ、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、ハードディスクオーディオプレーヤー等のデジタル情報家電です。 インターネットが全国的に普及する前までは、価格面において、IoT対応商品は、高付加価値商品として、IoT非対応商品よりもかなり高く設定されていました。 しかし、ブロードバンドインターネットの普及に伴い、IoT対応商品が主流となり、価格面においては、高機能・高性能を誇りながら、値下がり傾向が続いています。

IoTを巡る社会の動きについて

日常生活や社会活動において、インターネットは切っても切れないものになりました。 これまでは、人と人との直接的な繋がりでコミュニケーションを図って来ましたが、現在は、インターネットを介して、人と人との繋がりを図る機会が増えて来ています。 具体的には、人と人との繋がりを図るものとして、かつては固定電話や携帯電話が主流でしたが、現在は、スマートフォンやタブレット端末が中心的役割を果たしています。 尚、スマートフォンやタブレット端末は、IoT対応商品として非常に需要が高く、多種多様なサービスやコンテンツが数多く提供されています。 このように、IoT対応商品は、効率的な情報収集やデータ通信を得意とすることから、明確な目的意識を持って活用する場合には、非常に利用価値が高いと言えます。